55Halimao

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商品点数がおおすぎんじゃね!? - 2015.07.11 Sat

2015選手権スタート。げ、どのジャンルも商品点数がすげ!
それだけで戦意喪失

昨年後半のベッド、参ったよねえ、毎日毎日同じ商品、同じこと説明しなきゃならないし、同じテキストじゃオリジナりティがないし、同じ商品でサイズ違いとか色違いとか、必要ヶ所以外変えようがない。なんとか別の言い回しで書けないかとがんばってはみたもののあまりに点数が多い、考えながらやってると1日10ページもできはしない。でもしまいにゃ必要ヶ所だけ変えたテキストぶっこんでしまいましたけど・・

これから新ショップを作ろうとするとく、商品点数が2000も3000もあったらどうします。
今回の対象ジャンルの商品はどれもこれも商品点数が多いですね。

結論:どんな人にどの商品を売るか、ターゲットを絞る

例えばカーテンのショップを作ろうってっ場合
全部のカーテン商品ページ作りこんでいたら正月になっちゃう。
ピックアップするもの、捨てるものを決めるしかないです。
カーテンは商品点数2,000どころか20,000点以上。商品登録しても商品ページ作ってる途中でキャンペーン終了。
売るターゲット像が決まれば20,000点の中から キーワードを絞りこんで商品を抽出できる

シンプルな部屋、シンプルなインテリアで統一しようとしている20代後半からの独身者・若年夫婦がターゲット、となれば
フリフリのレースやプリント柄をカット、無地の折柄、遮光カーテンからピックアップ
独身女性・若い女の子のがターゲットなら
フリフリのレースやかわいいプリント柄のカーテンから登録。

一旦ターゲットが決まったら、楽天やYahooのカーテンランキングをチェックもやってみてください。
思いがけないヒントになるものがあったりします。

問題はこの後の作業
きれいに作ろうとするより対象客が見やすい、探しているものがわかりやすい店づくりがいいです
登録商品をカテゴリー分けしてカテゴリーのページを作ります


私が重要だと思うのはカテゴリーページのトップ画像。
カテゴリー中の商品をチェックして、感じのいい、商品がきれいに撮れている画像を加工してカテゴリーページのトップに配置します。ここで画像に入れるキャッチコピーを考えなきゃダメなんですが画像を選ぶのに時間がかかり、トーンをいじったり別の画像と合成したり、キャッチコピー考えるのに時間がかかりでカテゴリー30も40もあるならそれだけで数日かかってしまいます。

自分がネットショップ利用するときわかりやすいショップか、わかりやすい画像かで詳しく見る・見ないの判断をするのでどうしてもこんなやり方になってしまいます。まずわかりやすく、そしてカテゴリートップにはなにか気になる・目を留める画像を置く
お客さんが商品ページまで進んでくれること祈りながら画像とキャッチコピー作りましょう!

商品点数が多いときは
・ターゲットを絞って取捨選択
・商品系統でジャンル分け
・ジャンルトップページで引き留めて商品へ


あ、ついでながら、6月は530でした。
スポンサーサイト

魔の買い控え週間も造幣局造り «  | BLOG TOP |  » 開拓編ならコタツ狙いでどうですか!?

DS経歴

無資本・無在庫だからおすすめ
もしもドロップシッピング
もしもドロップシッピング -halimao


諦めたらすべてが終わる
===============

最新記事

カテゴリ

もしも願いが叶うなら♪ (114)
675記念 特別講座 (14)
■ショップ造り (93)
初級・新ショップ作りから (16)
中級・30万売ってみる! (27)
上級・100万突破作戦 (9)
■じっつぁまの作業日誌 (86)
DS裏方仕掛け帳 (50)
検索エンジンという怪物 (11)
できすぎくん忘備メモ帳 (8)
雑記帳 (14)
再起動、0から650 (16)
ドロップシッピングのススメ! (21)
DS経歴・プロフィール (1)

いっしょにやりませんか

<halimao のすすめ>
副業・本業とわず、もう一つ、あなたの収入減を増やしておきましょう。
「もしも」がなかったら悲惨なビンボージジイになるところだった私が確信をもっておすすめします。

アフィリエイトで登録してもドロップシッピングで登録しても両方ともできます。

ショップを作る手間がなく、記事を書くことに集中できますのでドロップシッピングよりアフィリエイトがスタートしやすいかもしれません。
「使ってみた」「ためしてみた」「効果ランキング」などのレポートが効果があるようです
もしもアフィリエイト


あなたもショップオーナー!ショップのほうがいい方はこちら
もしもドロップシッピング。


売れる秘訣はありませんが、きれいに作るよりお客さんは何を知りたいか、何を気にしているのかを考えた見やすいページ作りと更新の継続あるのみかと思います。
ロングテールSEOの時代になりました。ショップはビッグワードで集客、ロングテールはコンテンツで集客。二層構造SEOが必要です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

つぶやき

55halimao

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。