55Halimao

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ビッグワードSEOはもう古い??結論不明なり - 2017.04.18 Tue

2015年の絶好調から下り坂、長いトンネル抜けたかと思えば大雨、晴れたかと思えば三歩先はがけ崩れみたいな。
どうもここ半年折れ線グラフが乱高下する。

検索結果が圏外に飛ばされたかと言えばそうでもない
楽天、アマゾン、ほかの全国の大手有名どころを相手に頑張ってる
でも検索順位はあまり変わらないのに、訪問数が2/3になっている。

検索順位チェックして、主にSEOを施すべきページを確認しています。
月に一度同じキーワードで検索して5位以下のキーワードに対応するページを最優先にSEO、
ここでのSEOは対象ページ(多くはカテゴリーページ)に情報を増やす。他ショップ似たジャンルからリンクをしてみるなど。
検索結果

ロングテールに対応できてないということはわかるがロングテール対応キーワードってものはないともわかってきた。
例えば「フロアベッドシングル」「フロアベッドダブル 激安」などという定番キーワードがない。

ということは、見込み客が探しそうなワードを含む内容での記事をとにかく書き続けてアップし続けなければロングテールにヒットしないということ。

シングルベッドの選び方の記事を書き、フロアベッドならここをよく見てください、湿気がぬけにくい構造です。てなことでベッドの湿気対策を丁寧に書いておくと、「シングルベッドの選び方」「ベッドの湿気対策」「フロアベッドのメリットとデメリット」なんてロングテールにヒットする・・・・かもしれない。

続いて少し視点を変えて、カビについての情報も加えて「ベッドの湿気対策」でコンテンツページを作る。
湿気・カビ、デザイン、価格などの情報を加えて「フロアベッドのメリットとデメリット」のコンテンツページを作る
こんなことやってみたらどうでしょう。

いろいろ検索してると、あれ、かなり似たようなことをあっちの記事に書いてたじゃんっての多いです。
単語変えただけとかいうのはまずいですが、説明の一部に他の記事の一部を挿入するってのはあって当然です。
自分の記事なら問題ない。人様の記事はコピペしたらいけません。

ショップの造りと同時にそのショップ用にブログ立ち上げてお役立ち系情報をバンバンアップする、自分のショップへの記事を量産するアフィリエイターにならなきゃダメってこと。う~~~~ん、面倒な時代になった。

面倒だけど、googleさんが評価を高くすることやんなきゃネットで商売できません。
お役立ち情報と思うものどんどんアップしてロングテールでヒットを狙いましょう。

とは言うものの、ビッグワードやメインワードの複合で探す人も多いのでこれまでのビッグワードで順位が落ちていいわけない
できれば3位以内、少なくとも5位以内表示は維持しなければ。

てなことで、乱高下しながらもできることをやるだけ、とあれこれ試しながら老体に鞭打ちながらやってます。

スポンサーサイト

ロングテールってよくわからんけどSEO  - 2016.11.29 Tue

検索結果が極端に落ちたわけではないのに売り上げだけ伸びない、
検索による来援数がどんどん減っている、これが今年の妙な現象。
PCで見る検索順位はそれほど落ちていないが検索HITでの来店数が少なくなっている、来店数が減ってるから売り上げも減っている。順位は悪くないのに来店が減るってなんなの??これがずっとギモンでした。

9月に運よくもしものスタッフの方に逢えて、トップクラスにシッパーさんに逢えて
伸び悩みの原因を探ってきた結果、前回も書いたかもしれませんが、多分スマホでの検索が急に増えてこれまでのビッグワードSEOが効果的ではなくなっているのだろう。
ビッグワード以外に細かい条件を加えての検索、それも文字打ち込みより言葉(短文の音声)で検索する、いわゆるロングテール、スモールワードでの検索が増えているようだ。

もしもショップ以外に福岡周辺のいくつかのホームページをみているが、競合が少ないローカルサイトはさほどの影響はないようだ。それぞれのオーナーから急にお客が減ったという相談もない。でも、楽天、amazon、IKEA ニッセンなどと競わなければならない製品はビッグワードSEOでは無理な時代になったと感じる。楽天、amazon、IKEAなどは店名入れて検索されるだろうからこの変化はあまり関係ないのかもしれないがノンブランドのその他大勢ショップではビッグワードSEOからロングテールSEOを意識してショップ構成しなければならない時代になった、おじいさんのショップもロングテール、スモールワード検索に対応できるショップにしなければ。

前回のブログからあとやってたことはカテゴリーページを増やしてスモールキーワードにヒットするページにすること。
まあ、商品点数の多い商品群は作業もつらい、でもこれが来年以降の収入につながるからやらないわけにはいかない。

ロングテールとかスモールワードとか私の頭に明確な定義はないのですが、例えば「ベッド、安い」この次、三番目に来るとしたらなんだろう、「ローベッド、シングル、●●●」「収納ベッド、ダブル、●●●」と 
ビッグワードの次に来そうなワードをいろいろ調べてみて検索してみて、ほかのもしも商品のショップ(できすぎくん、または独自ドメインショップ)が上位に出て、私のショップが10位内に出てこないワードを探していきました。

その3番目のワードを順番に替えるとほかのもしもショップは1~3の上位に出る、相変わらず私のショップは影も形もない。
完全に意識していなかった大穴がありました。

もしかするとこれ?!見当違いかもしれませんがまずはこの大穴を埋めてしまうべく 3番目のスモールワードで引掛かるのを期待して細かく分けたジャンルページを増やしています。

その作業開始からほぼひと月。まだ検索結果に出ませんし売り上げに影響はないようですが、2ヶ月経てば結果がわかると思います。

ショップづくりはこうした試行錯誤の連続です。これが正解かもしれないし間違っていたかもしれない。
正解だったらおんのじ、間違っていたら別のワードを探してまた試してみるだけです。

何でかな??ページ構成かな?? - 2015.12.30 Wed

12月も今日明日の二日、あさっては2016年元日。ラストスパート、やはりなかなか難しいですねえ。

自社通販ショップ売却その後、何で??てな現象があるのでメモ代わりに。
年末一発勝負の商品なんですが、今年で15年のキャリアがあります。この商品が売れていると聞いて、後発ショップも増えていますが検索15~20位以下。ほとんど売れてないでしょう。
ところが私の担当しているもう一つの別オーナーの同商品ショップ(5年目)がやたらとトップ表示されます。
特にSEOの特殊な技法をもちいたわけではないし、更新頻度をあげたわけでもない。

多分これだと思えるのは4年前にyahooカテゴリーに登録したことだけ。今頃効く??
去年あたりからなんだか上位表示が目立ってきたが今年は関連ワードでもほとんど1位
サイトのキャリア5年とyahooカテゴリーの効果なのかな。
この順位なら、昨年の倍以上の販売になる、と思っていましたが昨日までの結果では例年並み
売却した自社ショックはその下の2位、3位の表示ながら昨年を上回る販売額
どちらも自分がSEO担当なので状況がよくわかる

あれ??一位表示が多いのに何で売れない??二位三位なのに何故売れる??

わたしなりの結論では ページ作り・ページ構成ではないかなと。
お客さんがやってきた。目的のページに行くにはどこをクリックすればいいかがわかりやすいか、イライラさせるかの違いかな。
オーナーの希望であれもこれもと商品を載せる、販売期間によっても価格が異なる構成なんです。お客さんがまごつきますねえ。
目的商品ページに到着してもお客さんに不安を解消できる内容になっているか否かもポイントかな。

現物を見られない、触ってみることもできない。この会社なら安心というブランド力もないから 客の立場なら何が知りたいか考えて答えを用意してあげておくことが必要。それが写真だったり、説明文だったりする。

自分で作るショップはどうも1ページがかなり長い、A4二枚分はザラ。でもそれがお客様の不安解消になっているならやり方は正しかったと言える。見た目はスマートなページではないが、このショップで買おう、って気持ちになっているのかもしれない。
自社ショップを買い取った新オーナーが 「売り上げ数のわりに質問やクレームが少ないのに驚く」と電話してきた。

この年末に再認識しまた、
トップページやカテゴリーページは目的の商品に行く案内ページだからわかり安く作る。
商品ページはお買い上げページだからお客さんの知りたがること、不安を解消させる内容を充分に含ませるようにする


お、このところどうでもいい内容が多かったけど、今日はDSの参考にもなる内容になった。
そんなこととっくにわかってます?そうでしたか、失礼いたしました。

では、今年はこの記事が最後になります。良いお年をお迎えください。

できすぎくんに「大きい画像を見る」機能を付けてください - 2015.08.10 Mon

今週一週間は観光地観光スポット以外は暇な一週間になりますね。
ショップもすでに6日からバタッと売れなくなりました
今朝の時点で日割り目標累計額83%にダウン
お盆と正月はどうにも手の打ちようがないです。

ここしばらく雨も降らず、あまりに暑くて遊びに出る気もしなくて、気候のいい春や秋より仕事してる感じです。
選手権の開拓編はやってません、あまりに商品が多すぎて。じゃあ攻略編のジャンルかというとそうでもないかな

今あまり動いていないですが2年前稼いでいたジャンルがありましてこちらもテコ入れしとかないと・・・
例のアホgのペナルティで叩きつぶされたショップのジャンルです。今は「できすぎくん」で再構築してほぼ2年前みたいな検索上位になってますが売り上げがいまいち戻らない。

もしかしてここか、あそこを直さなきゃかな・・などと売り上げ復活策を講じておりますが、もしかしてこれか、と気になるのが、このジャンルは大きい画像が「できすぎくん」は表示されない。管理画面から販売ページをたどるとそこでは「大きい画像を見る」で600pixの画像が開く、細部が確認できる。
でもできすぎくんに「大きい画像を見る」がない

かつての旧式htmlショップは600pixの画像をDLして画面に張り付けていました、オールマイティでは自動的に大きな画面表示になっていました。
今のショップとかつてのショップの違うところはここくらい。
手に取って見れない、確認できないからなるべく大きい画像を用意してお客さんに確認してもらえるようにしなきゃ、ですよね。
皆さんのショップ、大きい画像出確認できるようにしてますか?

もしものオエライさんやプログラム担当の人も見てるかもしれないんでおねがいしときましょう。
できすぎくんに「大きい画像を見る」機能を付けてください
あ、もう一つ、どのページにも出てくる「8000円で送料無料」バナーも自己画像に変更できるようにしてください
謹んでお願いいたします



明日から一週間オフにします。実家のある玄界灘の離島で遊んできます。
ケータイ、タブレットは持っていきますが仕事関係でネットに接続することはない、完全オフです。
これができるのもDSのおかげ。それまではせいぜい3日ぐらいしか休めませんでした
どちら様もそれぞれのお盆休みをお楽しみください
P.S 7月は≒630でした。

商品点数がおおすぎんじゃね!? - 2015.07.11 Sat

2015選手権スタート。げ、どのジャンルも商品点数がすげ!
それだけで戦意喪失

昨年後半のベッド、参ったよねえ、毎日毎日同じ商品、同じこと説明しなきゃならないし、同じテキストじゃオリジナりティがないし、同じ商品でサイズ違いとか色違いとか、必要ヶ所以外変えようがない。なんとか別の言い回しで書けないかとがんばってはみたもののあまりに点数が多い、考えながらやってると1日10ページもできはしない。でもしまいにゃ必要ヶ所だけ変えたテキストぶっこんでしまいましたけど・・

これから新ショップを作ろうとするとく、商品点数が2000も3000もあったらどうします。
今回の対象ジャンルの商品はどれもこれも商品点数が多いですね。

結論:どんな人にどの商品を売るか、ターゲットを絞る

例えばカーテンのショップを作ろうってっ場合
全部のカーテン商品ページ作りこんでいたら正月になっちゃう。
ピックアップするもの、捨てるものを決めるしかないです。
カーテンは商品点数2,000どころか20,000点以上。商品登録しても商品ページ作ってる途中でキャンペーン終了。
売るターゲット像が決まれば20,000点の中から キーワードを絞りこんで商品を抽出できる

シンプルな部屋、シンプルなインテリアで統一しようとしている20代後半からの独身者・若年夫婦がターゲット、となれば
フリフリのレースやプリント柄をカット、無地の折柄、遮光カーテンからピックアップ
独身女性・若い女の子のがターゲットなら
フリフリのレースやかわいいプリント柄のカーテンから登録。

一旦ターゲットが決まったら、楽天やYahooのカーテンランキングをチェックもやってみてください。
思いがけないヒントになるものがあったりします。

問題はこの後の作業
きれいに作ろうとするより対象客が見やすい、探しているものがわかりやすい店づくりがいいです
登録商品をカテゴリー分けしてカテゴリーのページを作ります


私が重要だと思うのはカテゴリーページのトップ画像。
カテゴリー中の商品をチェックして、感じのいい、商品がきれいに撮れている画像を加工してカテゴリーページのトップに配置します。ここで画像に入れるキャッチコピーを考えなきゃダメなんですが画像を選ぶのに時間がかかり、トーンをいじったり別の画像と合成したり、キャッチコピー考えるのに時間がかかりでカテゴリー30も40もあるならそれだけで数日かかってしまいます。

自分がネットショップ利用するときわかりやすいショップか、わかりやすい画像かで詳しく見る・見ないの判断をするのでどうしてもこんなやり方になってしまいます。まずわかりやすく、そしてカテゴリートップにはなにか気になる・目を留める画像を置く
お客さんが商品ページまで進んでくれること祈りながら画像とキャッチコピー作りましょう!

商品点数が多いときは
・ターゲットを絞って取捨選択
・商品系統でジャンル分け
・ジャンルトップページで引き留めて商品へ


あ、ついでながら、6月は530でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

DS経歴

無資本・無在庫だからおすすめ
もしもドロップシッピング
もしもドロップシッピング -halimao


諦めたらすべてが終わる
===============

最新記事

カテゴリ

もしも願いが叶うなら♪ (114)
675記念 特別講座 (14)
■ショップ造り (93)
初級・新ショップ作りから (16)
中級・30万売ってみる! (27)
上級・100万突破作戦 (9)
■じっつぁまの作業日誌 (86)
DS裏方仕掛け帳 (50)
検索エンジンという怪物 (11)
できすぎくん忘備メモ帳 (8)
雑記帳 (14)
再起動、0から650 (16)
ドロップシッピングのススメ! (21)
DS経歴・プロフィール (1)

いっしょにやりませんか

<halimao のすすめ>
副業・本業とわず、もう一つ、あなたの収入減を増やしておきましょう。
「もしも」がなかったら悲惨なビンボージジイになるところだった私が確信をもっておすすめします。

アフィリエイトで登録してもドロップシッピングで登録しても両方ともできます。

ショップを作る手間がなく、記事を書くことに集中できますのでドロップシッピングよりアフィリエイトがスタートしやすいかもしれません。
「使ってみた」「ためしてみた」「効果ランキング」などのレポートが効果があるようです
もしもアフィリエイト


あなたもショップオーナー!ショップのほうがいい方はこちら
もしもドロップシッピング。


売れる秘訣はありませんが、きれいに作るよりお客さんは何を知りたいか、何を気にしているのかを考えた見やすいページ作りと更新の継続あるのみかと思います。
ロングテールSEOの時代になりました。ショップはビッグワードで集客、ロングテールはコンテンツで集客。二層構造SEOが必要です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

つぶやき

55halimao

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。