55Halimao

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペナルティがきた・・ - 2014.04.29 Tue

10日過ぎから「注文がありました!」が来ない。
おかしいなと思って順位検索したらいつもの場所に出てこない
なんだろう・・と思っているとgoogleからこんなのが来た

Google has detected that some of your pages may be using techniques that are outside our Webmaster Guidelines.

As a result of your site having thin content with little or no added value, Google has applied a manual spam action to ******/. There may be other actions on your site or parts of your site.

なんじゃこれ?
初めてのことで意味わからず、日本語に直してみても詳細不明
webmaster tool に登録したサイトではないのでwebmaster toolにも何も出てこない
あれこれググってみて初めて googleのペナルティなんだとわかった。

ご注意くださいという警告かな、と思っていたのが「手動によるスパム対策を適用」というペナルティで
googoleによってスパムに認定、意図的に表示順位をさげました、ということだった。
おお、おいらもgoogleに認められる存在になったか、スパム行為で、だけど(汗)


検索上位のサイトで問題がありそうなのははしばしばgoogle職員が実際にブラウズしているらしい
それにしても、上に名指しされたto ******/のショップだけでなく、同じサーバー内のショップのほとんどが影響を受けてる。メインショップも含まれてる

おいこら、to ******/だけじゃないんかい、ほかのショップもかい。
このメールだけじゃわからんぞ、どこをどう直せっちゅうだい!
あちこち対策方法ググってはリンクをポチしても「ここよく読んでね!」ってのばかり
------------------------------------------------

推奨される対処

まず、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の次のセクションを確認します:
•自動生成されたコンテンツ
•アフィリエイト プログラム
•無断複製されたコンテンツ
•誘導ページ

次に以下の手順を行って、サイト内のガイドライン違反箇所を特定して修正します:
1.他の場所にあるコンテンツを複製したコンテンツがサイト内にないかどうかを確認します。
2.アフィリエイト リンクを含む実質のないコンテンツ ページがサイト内にないかどうかを確認します。
3.誘導ページや自動生成されたコンテンツがサイト内にないかどうかを確認します。
4.サイト内にこのような種類のコンテンツが含まれている場合は、サイトがユーザーに意味のある付加価値をもたらしているかどうかを検討します。詳しくは、高品質のサイトの作成に関するこちらの記事をご覧ください。
ヒント: 友だちや家族など、第三者にサイトを使用したり評価してもらい、サイトを改善するためのアイデアを得ることをおすすめします。
5.ユーザーに意味のある付加価値をもたらすようにウェブサイトを改善します。

---------------------------------------

とりあえずショップを直してサイト内の不要なリンクや不要なフォルダを削除して10日後の25日に再審査請求した
数週間お待ちください、だと。これで一発OKならいいけど、やり直しがきたらまた数週間??

かけこみ需要後で4月はしょうがないけど、5月6月に影響したらたまらんなあ

4月は100万円ギリギリの売り上げ程度になりそう・・・とほほ

あなたのショップも検索上位になったら
1.他の場所にあるコンテンツを複製したコンテンツがサイト内にないかどうか
2.アフィリエイト リンクを含む実質のないコンテンツ ページがサイト内にないかどうか。
3.誘導ページや自動生成されたコンテンツがサイト内にないかどうか。

ここらへん、要注意です。
スポンサーサイト

ペンギン、パンダの次はハミングバードだそうです。 - 2013.10.10 Thu

今月初めごろから、検索順位が以前とは違う。
私のショップも一位二位表示のショップが3位4位5位に落ちてる
何で?と思ってちょっとググってみたら、googleで「ハミングバード」というアルゴリズムが適用されたとか。

ハミングバードで何がどう変わった??

SEO専門業者らしきブログのいくつかの記事に目を通したところ
とんでもない大きな変化と言うものではなさそうですが、より正確な検索結果表示、このための変更のようです。
特徴的なのは会話型検索の精度向上。
ビッグワード一語で検索するより複合ワード、単語を重ねた検索より文章で探す人が多い(多くなった)のでしょうか。

例えば・・の説明がありましたので以下に引用してみます。


例えば、クエリ「家から一番近いiPhone 5sの変える場所は?」に対して、従来の検索エンジンは、「買える」と「iPhone 5s」等のワードを持つページとのマッチングを最優先していた。

ハミングバードは、ワードの裏側にある意味に巧みに着目すると言われている。このアルゴリズムは、ユーザーがグーグルと場所の情報を共有している場合、家の実際の位置を特定し、「場所」が現実の店を意味していることを理解し、さらに、「iPhone 5s」が、特定の店で販売されている特定の電子機器である点を把握することが出来るようだ。このような意味を理解すると、グーグルが、ワードのマッチング以上の取り組みにステップアップする上でプラスに働く可能性がある。

とりわけ、ハミングバードは、クエリ内の各ワードに注目して、特定のワードではなく、クエリ全体 – 文全体、会話、または、意味 – を考慮する。この取り組みのゴールは、たった2、3のワードにマッチするページよりも、意味がマッチするページの方が、有益になる状態である。


ふ~ん・・。その人の探している内容に最も役立ちそうなサイトを複雑なアルゴリズムで抽出できるようにした、ってことですね。

ってことは、ページ内テキストがより重要になるってこと。
タイトル、ディスクリプションと見出しと本文の整合性が一段と重要になるってことでしょうか。

思い当たるフシがあるんです。前回のパンダアップデートでテキスト量ふやさなきゃってことで商品全般について全ページに同じテキスト載せたりしてるもんな・・
何でも書きゃいいってもんじゃない、これで今回評価下げたかもです、私のショップは


要するに贅肉(無駄なテキスト)が多すぎる。

順位を下げたショップからオーバーホールにかからなきゃ・・。



googleのアルゴリズム変更大地震 - 2011.07.20 Wed

このブログはドロップシッピングビギナーさん向けの内容です。
中堅、ベテランの方のはスルーしてください。



DSを始めてPPC(クリック課金広告)でバンバンやるならあまり気にしなくていい「検索上位表示」ですが、広告費かけないで売るとなると検索エンジン対策のSEOが必要になります。

googleの検索ロボットがデータを収集し、googleの判定基準(アルゴリズム)に従って表示順が決まります。
googleのデーターをyahoo(楽天も??)も共有しますので、googleとyahooほとんど同じ結果が検索結果に表示されます。


現在はこのgoogleの判定基準(アルゴリズム)がオリジナル性の高いサイト優先表示になって、DSショップが苦戦しています。

つまり、何万店ものショップが同じ商品を同じ売り文句で、同じ画像と同じカートでネット販売してるから、オリジナル性はかなり乏しい。
今回のgoogleのアルゴリズム変更はまさに大地震です。

6月7月は選手権で、普段表示されない順位が表示されていて、これで驚いています。
どうひいきめに考えてみても私の上に50人、シビアに詰めても30人くらいはプロクラスのシッパーさんがいるはず。
多分私の思いでは、平均300万以上5人、平均200万以上10人、100万以上20~30人はいるはず


しかし6月7月・・その人たちの多くが私の上にいない・・たかが100万でウロウロしている私が一桁の順位にいる、これがおかしい。

どうやら、googleのアルゴリズム変更で大幅に表示順位が変わったようです。
狙われたのは・・API、CSVでデータ表示するタイプ。すばやくショップを立ち上げるソフト使ったショップです。
もちろん例外もありますが・・。

私も秋にAPIで50のショップを量産しました。アップした直後今まで売った事のない商品がぱらぱら売れてショップ量産効果を感じましたが・・・1月以降それもなくなりました。ちょうどこのころからgoogleのアルゴリズム大幅変更が行われたようです。

ショップは量産したほうがいい、しかし、API CSVデフォルトのショップはグーグルダンスが終わったら飛ばされるようです。

コンテンツファームと判断された場合 - 2011.04.01 Fri

【MEMO】コンテンツファームと判断された場合にウェブマスターがすべきこと

APIショップ総崩れになってます。その対策として約に立ちそうなので・・
これすぐ読み返せるよう、自分のために書き出したもので、私のオリジナル記事ではありません。原文は
http://www.sem-r.com/news-2011/20110314151717.html です



米グーグルに自分のサイトがコンテンツファームと判断された場合、どのように対処すべきか。もしサイトの一部に「内容が薄っぺらな、役に立たないコンテンツ」が含まれていたら、それを取り除いてみること。

検索結果から低品質なコンテンツを排除することを目的に米Googleが実施した検索ランキングアルゴリズムの刷新(ファーマー・アップデート、パンダ・アップデート)により、検索順位が大幅に下落してトラフィックを失ったと嘆いている米国のサイト管理者は少なくないようだ。そんな困っているウェブマスターに対して、米Google社員の1人・Wysz氏がアドバイスを Google Webmaster Helpにてアドバイスを送っている。ここでは彼のアドバイスの趣旨に沿いつつ、多少の補足をつけて説明しよう。


Googleはウェブを通じて取得できる様々なシグナル(サイトやページの人気度や信頼度を判断するための指標)を解析して、低品質なサイトの検索順位を下げることを試みている。検索利用者の大半は、内容が薄っぺらな、あるいは乏しいコンテンツを見たくないからだ。従って、ウェブマスターには、自身が運営するサイトができるだけ品質が高いコンテンツを公開していることが求められる。

ここで重要なことは、サイトの一部のコンテンツに問題がある場合、サイト全体の評価に影響を及ぼすという点だ。つまり、もし今回の検索アルゴリズムの影響を受けたと考えられるのであれば、サイト全体のコンテンツを再評価して、全体的な品質を改善していく必要があるということだ。たとえば、その疑わしきサイトを削除する、noindexタグやrobots.txt で該当コンテンツをクローラから除外する、あるいは薄っぺらなコンテンツを他ドメインに移設することで、検索順位改善の助けになるだろう。

先日公開した、オーソリティサイトの概念で説明する通り、Googleはサイト全体の評価のシグナルとして、コンテンツボリューム、すなわちページ数や文字数、さらに更新・追加・増減数/割合など各種のシグナルを分析して、"大手サイトにありがちなシグナル"を発している場合、相応に(ポジティブに)評価します。

しかし欠点もあります。見掛け上のコンテンツボリュームを増やすために、ページ自動生成を駆使するサイト管理者が増えてきました。しかも、自らはコンテンツを生み出せないため、他のサイトから借用してきたり、あるいは著作権を無視してコンテンツを自らのウェブサイトに貼り付けて公開したりといった輩も出てきました。あるいは、いわゆるオーソリティサイトとみなされているようなサイトの場合、たとえそのコンテンツに多少の問題があっても、サイト全体が"オーソリティ"であるが故に、簡単に検索上位にランクインできてしまうため、トラフィックを増やすために(品質を問わず)自ドメイン内のページ/コンテンツを増やす仕組みを仕掛けるサイト管理者も増えてしまったのです。

そこで、Googleはファーマー・アップデートを通じて、単純に見掛け上のコンテンツが多いサイト、つまり大半がオリジナリティの低いコンテンツで構成される - それは過去のアーカイブリストやタグクラウド、レコメンデーション、週間人気ランキングなどの自動生成リンクを含む - サイトを適切に判定して、アルゴリズム的に評価を低減するように調整をしてきたのです。Wysz氏がアドバイスしているのは、そうした、ユーザにとって無益なページを自分のサイトから削除するか、クロール不可にするかしてみなさいというわけなのです。

日本に目を向けると、たとえば某飲食店サイトのAPIを利用して無限にサイトを生成したり、Twitterやブログ検索結果をスクレイピングして1つのまとめページにしてしまい、その中にSEO目的のリンクを大量に設置しているサイトがあります。あるいは、サイトの中に自動的に登録される自動相互リンク集スクリプトをうめこんでいるサイトもあります。こうしたものはGoogleの視点では「評価すべきでないコンテンツ」となりえますから、日本でも同等の検索アルゴリズムが投入されれば影響を受けると考えてよいでしょう

GとYが検索提携?? - 2010.07.27 Tue

GoogleとYahooが検索エンジンで提携?
あれ、YahooはBingと提携するんじゃなかったの?
へえ、予想外の動きです。

さて、これが検索結果、SEO対策にどう影響するんでしょうか。

これまでのyahoo的結果表示はだいぶ変わりそうな気がする。
google的要素が色濃くなりそうな気がする


ある方のご意見では

Yahoo!JAPANで検索した時の、通常の検索結果の裏側のシステムがGoogleになる
ーYahoo!JAPANと、Googleの通常の検索結果が同じものになる
ーただし、Yahoo知恵袋の表示、Yahooショッピングの表示などの検索結果の部分は今までと変わらないため、Yahoo!JAPANとGoogleの検索結果が完全に同じものにはならない


Yahoo!JAPANと、Googleの通常の検索結果が同じものになる   だそうです。
ってことはGoogleとYahooがまったく同じ検索結果で、Yahooはただ、あのウザイyahooショッピングの広告と知恵袋を適当にはさむだけ?

まさか・・

Yahooの身内の広告が有るかないかだけ、あとはgoogleとまったく同じなんてありえないだろ!
互いの存在意義が消滅するようなバカなことやる?

過去にもYahooはGoogleと提携してて3・4年で解消した経緯があるようです。
今回もいつまたどうなるかわかりません。
国内最大検索シェアのYがいとも簡単に自社のノウハウを捨てるなんて考えられない。

まあ、先ほどのご意見を述べられた方にはどえらい醜女の親衛隊長がいるから無用なトラブルに巻き込まれたくはないけど、yahooの宣伝以外は両者同じってのは・・・どうもちがうんでないかい?


とりあえずは基本どおり続けてみてYでの順位変動を確認するしかないですね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

DS経歴

無資本・無在庫だからおすすめ
もしもドロップシッピング
もしもドロップシッピング -halimao


諦めたらすべてが終わる
===============

最新記事

カテゴリ

もしも願いが叶うなら♪ (114)
675記念 特別講座 (14)
■ショップ造り (93)
初級・新ショップ作りから (16)
中級・30万売ってみる! (27)
上級・100万突破作戦 (9)
■じっつぁまの作業日誌 (86)
DS裏方仕掛け帳 (50)
検索エンジンという怪物 (11)
できすぎくん忘備メモ帳 (8)
雑記帳 (14)
再起動、0から650 (16)
ドロップシッピングのススメ! (21)
DS経歴・プロフィール (1)

いっしょにやりませんか

<halimao のすすめ>
副業・本業とわず、もう一つ、あなたの収入減を増やしておきましょう。
「もしも」がなかったら悲惨なビンボージジイになるところだった私が確信をもっておすすめします。

アフィリエイトで登録してもドロップシッピングで登録しても両方ともできます。

ショップを作る手間がなく、記事を書くことに集中できますのでドロップシッピングよりアフィリエイトがスタートしやすいかもしれません。
「使ってみた」「ためしてみた」「効果ランキング」などのレポートが効果があるようです
もしもアフィリエイト


あなたもショップオーナー!ショップのほうがいい方はこちら
もしもドロップシッピング。


売れる秘訣はありませんが、きれいに作るよりお客さんは何を知りたいか、何を気にしているのかを考えた見やすいページ作りと更新の継続あるのみかと思います。
ロングテールSEOの時代になりました。ショップはビッグワードで集客、ロングテールはコンテンツで集客。二層構造SEOが必要です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

つぶやき

55halimao

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。