55Halimao

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2017.01.28 Sat

2015年から2016年は下り坂になって、あれこれと改善策を講じていますが10月からの変更で目に見えて大きな変化はなし。500万の売り上げには遠い!

ただ昨年10月、11月にアクセスが600~700台(2015年は1300~1400平均)の低迷から1000あたりに戻りつつある。
これまで一種類のベッドだけに集中してきていたのを反省、別のベッドショップも手を掛けてきたのが2ヶ月ほど経過して、初期のアップ分がいくらか効いてきている気配、アクセス解析でこれまで登場しなかった商品ページやカテゴリーページが顔を出し始めた。

反省1、間口が狭すぎた
効果をあげるにはまず一点集中で突破口を開けるというのに執着が過ぎたか、ほかのベッドを放置しすぎた。それにしても、一種類のベッドで2015年は結構売れた。ま、そこに落とし穴があるとは思わなかった。
調子いい時にこそ次の手を準備しておくべきだった。

ビッグワードSEO効果が薄れたとはいえゼロではないなら間口お広げてほかの種類のベッドも売れるようにする、
ショップがなかったわけじゃなく手を入れてなかっただけだからこれは早期に取り掛かれる。

集客ブログはぼちぼちでいいか
ロングテールSEOに ブログが効果的だとは思うが、ベッドについての情報を検索すると必ず上位に出てくる絶対王者の広島さんを追い越すことは無理だろう。仮に無理ではないにしてもとてつもない量のブログを書かなければならない、

彼のブログはベッドを買おうとお金を用意している人を読者に想定していなくてベッド初心者をターゲットにしている
ジジイの理解では、ブログは読まれても売り上げには結び付きにくいと思うのだが実際は違った。本人ともそう話したけど小学生が呼んでもわかるような、実に丁寧に優しい言葉で多岐にわたって記事にしている。でもこの内容の記事が購入につながるというのがポンコツアタマにはよくわからない。

シングルベッドを買うときのポイントはここですよ。あ、そうなんですね、じゃ楽天で探します・・てなことになりそうなんだけどならない、もうかなり空洞化している脳にはここがわからない。

しかし空洞化は戻せない、ブログはボチボチでいくとしてそのほかにできることは・・・
もしかして、商品ページ、カテゴリーページに例えばブログの内容を詰め込んでみたらどうなる?
商品ページは少なくとも2000字のテキスト量と言われるのが一般的だが、例えばこれが10,000字になっているとしたら?

過去1ページにはあまり多くの情報を詰め込み過ぎないのがいいというのが一般的だった
ビッグワードSEOでは確かにそうだけど、ロングテールSEOの時代もそうなのかな?
これも実験してみる必要がありそう。

いいかも、と思ったことやってみなきゃ答えだ出ないもんね!

10月にやった内容の結果は検索表示ではうまくいってる。検索数がすくないが上位表示されてるということはショップ全体の評価アップにもつながるかもしれない。

11月にやったことの結果もわずかながら上位表示に出てき始めた。これは直接商品購入につながらないかもしれない内容が多い。
1月は11月12月の変更部分に別の要素を加えてみた。この要素がある商品ページやブログはあまり多くはない
2月後半ぐらいから上位表示されるようになればV字回復できるかな??
スポンサーサイト

近頃の作業内容の忘備録 - 2016.12.23 Fri

ビッグワードSEOの効果が半減している。ロングテールSEOを急がなければ ということで

複合ワードにもう一つよく使われそうな第3のワードをいれた商品グループを増やしてきた
コンテンツページを増やしてきた、手抜きショップの内装に励んだ。

10月からの取り掛かりで11月いっぱいまでかかって、一連の作業の結果が出るまで少なくとも2ヶ月はかかりそうだが、いろいろ見直してて完全に抜けてるあーど関連が一つ埋まったものの、それもベッドの1種類だけでしかない。

例えば フロアベッドあり、引き出し収納ベッドあり、チェストベッドあり、マットレスベッドあり・・

今更ながら、とりあえず体裁の整った外装はできたレベルでショップをアップしたままあまり手をかけていなかったベッドショップが全く販売に貢献していないことに気づいた。よくもまあ、一種類のベッドだけでここまできたもんだ。
逆を言えば安心しすぎていた。カテゴリーページを整えた、つまり放置ショップに内装を加えた、
まだまだ不十分でこれからも手おくわえる必要がある。

しょうじきなところ、収納ベッド、マットレスベッド 2段チェストベッドはほとんど売り上げがない。
ショップはアップしたが商品カテゴリーページさえ何もいじってないページがあったりした
1ショップの商品点数が絞り込んでも1000点近くあったりするとねえ・・・

まあ、すべて手を掛けるのは難しいが一種類のベッドだけに偏り過ぎていた、だからそこが揺らぐと売り上げに直結してしまう。
半減したとはいえビッグワードでの検索はゼロではない、まずはビッグワードでちょっと頑張ってもらおう。

10月は主に第3のワードで検索にかかるようにした
11月はコンテンツの増ページ、既存コンテンツページの修正が主な作業
12月は収納ベッド、マットレスベッド 2段チェストベッドのショップ充実をやってきた

10月の作業分は それらしきワードを入れて検索すると上位表示が多くなった
それまで全くカスリもしなかった検索のワードで、これは嬉しい!

11月の作業分もごく一部ではあるがコンテンツページが上位に出てきた。

12月作業分はまだ確認できない

以上12/20までの作業とその後の結果のメモ



できすぎくんショップでコンテンツページがショップと同じドメインであることがどの程度プラスマイナスなのかまだわからない。
全く別のドメインでブログとして独立させたほうがいいのかもしれないという気もするが、商品とコンテンツでボリュームを増やしたほうがいいような気もする

ビッグワードSEOでやってきたジジイにとってロングテールへの対応は闇夜を手て探りで進むような不気味さがある。
どうぞ落とし穴がありませんように。

明日はクリスマスイブ、そしてお正月
皆さまよいお年をお迎えください

ロングテールってよくわからんけどSEO  - 2016.11.29 Tue

検索結果が極端に落ちたわけではないのに売り上げだけ伸びない、
検索による来援数がどんどん減っている、これが今年の妙な現象。
PCで見る検索順位はそれほど落ちていないが検索HITでの来店数が少なくなっている、来店数が減ってるから売り上げも減っている。順位は悪くないのに来店が減るってなんなの??これがずっとギモンでした。

9月に運よくもしものスタッフの方に逢えて、トップクラスにシッパーさんに逢えて
伸び悩みの原因を探ってきた結果、前回も書いたかもしれませんが、多分スマホでの検索が急に増えてこれまでのビッグワードSEOが効果的ではなくなっているのだろう。
ビッグワード以外に細かい条件を加えての検索、それも文字打ち込みより言葉(短文の音声)で検索する、いわゆるロングテール、スモールワードでの検索が増えているようだ。

もしもショップ以外に福岡周辺のいくつかのホームページをみているが、競合が少ないローカルサイトはさほどの影響はないようだ。それぞれのオーナーから急にお客が減ったという相談もない。でも、楽天、amazon、IKEA ニッセンなどと競わなければならない製品はビッグワードSEOでは無理な時代になったと感じる。楽天、amazon、IKEAなどは店名入れて検索されるだろうからこの変化はあまり関係ないのかもしれないがノンブランドのその他大勢ショップではビッグワードSEOからロングテールSEOを意識してショップ構成しなければならない時代になった、おじいさんのショップもロングテール、スモールワード検索に対応できるショップにしなければ。

前回のブログからあとやってたことはカテゴリーページを増やしてスモールキーワードにヒットするページにすること。
まあ、商品点数の多い商品群は作業もつらい、でもこれが来年以降の収入につながるからやらないわけにはいかない。

ロングテールとかスモールワードとか私の頭に明確な定義はないのですが、例えば「ベッド、安い」この次、三番目に来るとしたらなんだろう、「ローベッド、シングル、●●●」「収納ベッド、ダブル、●●●」と 
ビッグワードの次に来そうなワードをいろいろ調べてみて検索してみて、ほかのもしも商品のショップ(できすぎくん、または独自ドメインショップ)が上位に出て、私のショップが10位内に出てこないワードを探していきました。

その3番目のワードを順番に替えるとほかのもしもショップは1~3の上位に出る、相変わらず私のショップは影も形もない。
完全に意識していなかった大穴がありました。

もしかするとこれ?!見当違いかもしれませんがまずはこの大穴を埋めてしまうべく 3番目のスモールワードで引掛かるのを期待して細かく分けたジャンルページを増やしています。

その作業開始からほぼひと月。まだ検索結果に出ませんし売り上げに影響はないようですが、2ヶ月経てば結果がわかると思います。

ショップづくりはこうした試行錯誤の連続です。これが正解かもしれないし間違っていたかもしれない。
正解だったらおんのじ、間違っていたら別のワードを探してまた試してみるだけです。

カテゴリーページのSEOとコンテンツか!? - 2016.10.08 Sat

今もしも全体で売れてる家具をどう売るか、しばらくの間これが課題でしたがやっと方向が定まりました。

私のショップでこれまで売れていたものは同じジャンルでも最小範囲にしてショップを作って商品数50~60点ぐらい。
これなら各ページごとにSEOを効かせることができます(できました)

ところがいま売れてる家具のジャンルは最小範囲にしても、例えばベッドで2000~3000点、同じベッドで色違い マットレス違い、サイズ違いなどで一つのベッドで150~160点なんてのがザラです。このとんでもない商品数はこれまでのショップづくりでは対応できない。
ここでしばし進行がストップしておりました。


先日の10周年セレモニーに出席していろいろ話した中でヒントが一つ、そしてもしもの小玉さんからのメールでもう一つのヒントがあり、今後これで行ってみようという思いになりましたので、もしこれから家具などやってみようかという方はご参考になるかもしれません。

・商品ページのSEOは一番最後にする
・顧客目線でわかりやすいカテゴリーに分けてカテゴリーページのSEOを最優先する
・コンテンツページを増やす。

例えばフロアベッドのショップを作ろうとする場合20のベッド、商品点数およそ1200点ほどを商品登録。
ベッド名で20のカテゴリー、ベッドのサイズ別カテゴリーで4~5のカテゴリー、合計25ぐらいのカテゴリーになったら
カテゴリーページの25ページを徹底して作りこむ。
1200点の商品ページを作りこんでいたら寿命はいくらあっても足りない。だけど25ページなら一週間もかからないかな。

そしてyahoo知恵袋、おしえてgoo、OKwebなどをひたすら閲覧してショップの商品に関連した質問や回答をピックアップ。
その内容をもとにコンテンツページをまとめる。
コンテンツページは専門的な解説でなきゃいけないのかな・・・とも思っていましたが特にそれも必要ないようです。
よくある質問にわかりやすく答える、提案をするぐらいです。

私の場合はWPがいじれませんのでもっぱらできすぎくん頼み。
WP PHP CSSなどがわかる人は独自ドメインでもより見やすいページ作りができるでしょう。

しばらくの間このショップづくりを試してみます。
何とか昨年並みの収入に戻さなければおもしろみがない。

セレモニーの中の1ショット、遠目でアラが目立たずお気に入りです
6X7A05.jpg

ビッグワードSEOはもう古い・・・のかも - 2016.09.15 Thu

先日の「もしも10周年セレモニー」に参加してよかった。
よかったと思った内容を書き留めておこうと思います。
それが キーワードSEOはもう古い・・・のかも というタイトルにつながります。

あの人が売れているのはなぜ??

昨年平均の月間売上500万。今年の平均は350万
ネガティブSEOでやられたことを差っ引いても何かが違う、何が起きているんだ?
ここしばらくあれこれ試していましたが10周年セレモニーに参加してその答えらしきものを見つけました。
と言ってもあくまで私のポンコツアタマの範囲ですから、正確かどうかは疑問ですけど・・・


私の販売額は落ちてる、広島さんはバンバン売ってる、これって何??
例えばローベッドシングルとかローベッドセミダブルとかよくあるキーワードで検索すると 1位楽天、2位楽天、3位ハリマオ、または1位楽天、2位楽天、3位価格.com、4位ハリマオというパターンが多いのです.昨年はこれで売れてた。

今年も検索順位はあんまり変わらないけど売れない、5位以内に広島さんのショップは出てこない、10位までにもない、だけど3倍4倍売れてる。

見つけた答えは、キーワードの多様性、

私のSEOはキーワードを意識してテキストを入れて商品ページをこうせい充実させる手法
広島さんの場合は商品ページはほとんどいじらない、そのかわり徹底的にブログの内容を濃く、記事数を多くする

これまでもブログ集客で実績を出したシッパーさんの例も知っていますが商品PRブログがほとんど
広島さんのブログは知恵袋の回答的な、ミニ知識のブログになっています。
・ブログの内容が一般ユーザーにとって有益な内容である
・わかりやすい言葉で見やすく構成されている
・記事数が多い
これでgoogleが拾わないわけがないですね

ロングターム(ロングテール)キーワード、←これがキーワード!

ローベッドシングル では検索上位に出なくても
ローベッドのデメリットは何、フロアベッドは湿気に弱い?新婚におすすめのベッドはダブルかクイーンか
など これまでのキーワードとは違う検索ワードでバンバン上位表示される。
いわゆる「ロングタームKW」に強いページがいくつも出来上がっている。

特にスマホでもお買い上げが5割以上になっている現在、文字入力で検索するより音声入力で検索するケースが増えている。
音声で検索ということは「複合ワード」というより「短文=ロングタームKW」での検索が増えている・・らしい。
検索ボリュームは多くはなくても目的に合致した検索結果だからお買い上げにもつながりやすいという。

はは~~・・私が売れなくなったのはこれだ、ビッグワード3位以内表示しか頭にない時代遅れのSEO観だもんねえ
ビッグワード、複合ワードに加えてロングタームワード、これもしっかり対策取らなきゃです。
すべてがキーワードの問題だけじゃなくいろんな要素が絡んでいますが
500平均から350平均に落ちたおじさまが今回特に感じたポイントがこれでした。


今回の10周年セレモニー。セレモニー前後の、もしも担当者さんを交えた意見交換や懇親会でかなり具体的な話が出ました。スタッフの意欲やスキルの高さに驚きました。もしもドロップシッピングはこれから業界最先端で伸びていくでしょう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

DS経歴

無資本・無在庫だからおすすめ
もしもドロップシッピング
もしもドロップシッピング -halimao


諦めたらすべてが終わる
===============

最新記事

カテゴリ

もしも願いが叶うなら♪ (114)
675記念 特別講座 (14)
■ショップ造り (93)
初級・新ショップ作りから (16)
中級・30万売ってみる! (27)
上級・100万突破作戦 (9)
■じっつぁまの作業日誌 (85)
DS裏方仕掛け帳 (49)
検索エンジンという怪物 (11)
できすぎくん忘備メモ帳 (8)
雑記帳 (14)
再起動、0から650 (16)
ドロップシッピングのススメ! (21)
DS経歴・プロフィール (1)

いっしょにやりませんか

<halimao のすすめ>
副業・本業とわず、もう一つ、あなたの収入減を増やしておきましょう。
「もしも」がなかったら悲惨なビンボージジイになるところだった私が確信をもっておすすめします。

アフィリエイトで登録してもドロップシッピングで登録しても両方ともできます。

ショップを作る手間がなく、記事を書くことに集中できますのでドロップシッピングよりアフィリエイトがスタートしやすいかもしれません。
「使ってみた」「ためしてみた」「効果ランキング」などのレポートが効果があるようです
もしもアフィリエイト


あなたもショップオーナー!ショップのほうがいい方はこちら
もしもドロップシッピング。


売れる秘訣はありませんが、きれいに作るよりお客さんは何を知りたいか、何を気にしているのかを考えた見やすいページ作りと更新の継続あるのみかと思います。
ロングテールSEOの時代になりました。ショップはビッグワードで集客、ロングテールはコンテンツで集客。二層構造SEOが必要です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

つぶやき

55halimao

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。